テンションあげまくりたい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ONE PIECE THE MOVIE 冬に咲く、奇跡の桜」

<<   作成日時 : 2008/03/02 02:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

エピソード・オブ・チョッパー+!!

早速、見てきました。
ネタバレ注意です!

あらすじ。
グランドラインを航海するルフィ海賊一行。
あるとき、航海士ナミが原因不明の高熱に倒れた。
命に関わる病かもしれないと言うニコ・ロビンの言葉に、医者を探すことに…

感想。
私は、泣きたい、と思って観に行った映画だったのですが…
コミックス読んでください。
むしろコミックス。
いや、むしろ、映画見てたらコミックス読みたくなりました。
コミックスは、なんで、あんなに計算されてないようで泣ける話なのかわかりませんが、むしろコミックス。完成度高いから。

この映画はク○です。
ダメダメ。
何がダメなのか一生懸命考えてたんだけど。
CMの段階で、作監さんが、TVアニメのメリー号が燃える回の前の回(♯311)の、線の細い感じで遠目と動画が微妙な方だな、とわかっていたのですが…それはまあいいとしても…ニコ・ロビンやらフランキーがいて、ビビがいないってので、どう動くかが楽しみだった。

気になったところは。

★ビビがいないことで、急ぐ必要性が感じられない。
一刻も早くアラバスタに行かなくてはならない状況でナミが倒れた、ってのが原作だったと思うのですが、映画は、ナミが急いで治療する必要が切羽詰って感じられない。
医者を探して辿り着いた島だから、もともと寄るつもりがなく、ログがたまる前に出航したいってのは…理由にならないかな。
冒険しろよ。

★ルフィがギア2、ギア3を使う必要性がないように感じられる。
とくにサード。使わなくていいじゃん。
ゾロとフランキーが船壊してるのもそう。
逐一やる必要もなくね?壊すのは構わないけど、一瞬で十分じゃん。
壊れた船背景にして、「もう終わった」的な感じで十分でしょ。
見せつけるようにチカラ使うのはやめて。
活躍させたかったら、もっと違うところにしてください。

★新キャラのムッシュールが要らない、と思う(それは映画全否定か
なんだろな。
このエピソードって、もともと悪役がそんなにかっこ良くないでしょ。
ニコ・ロビン(フランキー?)編のロブ・ルッチ、とか、ドン・クリークみたいなカッコいい悪役が出てこないから、あんまり悪役を手ごわくしてもつまんないんだよな。
カッコよくない悪役ってのは、攻撃もやられ方も笑えるようにするか派手にしないとさ。
またその戦闘シーンがわかりにくくてねぇ…(泣
あそこはもっと笑えるようにしていいんじゃないのか。

ナミが武器庫のカギをスって奪う話もなく…泣けたなぁ…

★ドルトンさんに魅力を感じない
この人、なんか好きじゃなかったっけ?おはぎだっけ?
もっと熱い人じゃなかったっけ。
子供達を助けた時に変身するかと思ったんだけど、変身も無かったね。
熱さが伝わりにくい。
いい人なのになぁ。
ドラム王国の、中核を担う人なのになぁ。

★チェスとクロマーリモが…
退場が早かった〜。
マリモ…ただアタマがマリモなだけだ…
チェス…ただの変なコスプレピエロだ…
くそう。

★黒ヒゲ一行の顔を登場させる意味があんまりない。
これも、「L change the WorLd」のニアと一緒なんだけど、映画で単発なのに、それを登場させる意味は、原作ファンへのおべっかだと思うんだよな。
知ってる人が出てきて嬉しいでしょ?的な(言いすぎ
原作でもそうなってるから黒ヒゲで別にいいのかもだけど、冒頭で使わなくてもいいんじゃないのかなぁ。
う〜ん、これは気にしなくていいかもしれませんが。

★そういえば、ルフィが親ラパーンを助けた伏線はどこへいった?
あの後出てきたっけ…。
桜のシーンには居た気がするけどな。

良かったのは、ラパーンと、ルフィが山登るとこと、毒キノコ持ってきたチョッパーと、パン食って涙流してたチョッパーと、治療されたチョッパーと(苦笑
ヒルククが死ぬとこと。
あそこもドルトンが微妙だったけど…(泣


違った意味で泣かされて帰ってきました。
あああ、TV版の総集編じゃあんな泣けたのに…。
次回は、尾田先生も協力してのオリジナル新作ストーリーらしいですので、東映さんは是非頑張っていただきたい。
…去年の、アラバスタはそこそこ良かったのに。


エピソード・オブ・チョッパー+
監督・志水淳児
企画・柴田宏明
脚本・上坂浩彦
作画監督、キャラクターデザイン・舘 直樹
美術監督・平間由香
色彩設計・塚田 劭
製作担当・藤岡和美

せっかく珍しく当日にパンフを買ったのに、エンドロールは記載されてないのね…。
あれ?コナンとかも載ってないぞ…(汗
ハウルとかハガレンとかブレイブストーリーには載ってるのに!
何、この差?立ち位置狭いの?
原画マンとかわかんないじゃないスか。
う〜わ〜…そりゃ子供向けだからなのかもだけど…。

結論。
あの桜みるのに、映画館まで行って、二時間も缶詰はツライかなぁ^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>…去年の、アラバスタはそこそこ良かったのに
いや、アラバスタよりも今回の方がよかったともうぞ。
戦闘シーンも迫力があってよかったしな
名無し
2008/07/26 23:09
>名無しさま
こんにちは〜。
戦闘シーンはよく動いてましたね。
作画もどちらかといえば好みです。
アラバスタが面白いかと言われれば、いや別に映画でやらなくてもいいかな?レベルなので…。
オリジナル度はこっちのがありますしね〜。
TA隊隊長
2008/08/03 01:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ONE PIECE THE MOVIE 冬に咲く、奇跡の桜」 テンションあげまくりたい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる