テンションあげまくりたい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」 ネタバレ注意!

<<   作成日時 : 2007/04/22 16:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

早速行ってまいりました。
今年のコナンは…?

あらすじ。
事件は、銀行強盗から始まった。
車で逃走する犯人と、追い詰める佐藤刑事たち。
犯人がつぶやいた言葉は、「神海島」と、「ジョリー・ロジャー」…。
舞台は神海島へ。
美しい海と、亜熱帯性気候で、『海賊伝説』のあるこの島は、最高のダイビングスポットもあり、リゾート地として知られる。
新聞の懸賞金を当てて、旅行に来ていた毛利小五郎と蘭、園子、コナン、阿笠博士と子供たちは、この島で、宝探しゲームと、それに関わる殺人に巻き込まれ…。


感想。
突然ですが、今回、青山剛昌先生が手がけた作画はどれでしょう!?
映画では、必ずといって良いほど、いい場面で、やたらと綺麗な画があります。
とりあえず、一箇所。
コナンが蘭にウソをつくところですね。新一とかぶってるところ。
チョー綺麗。
見所はあそこなんだろーなー…。

普通に面白かったです。
ただ、映画にしなくても、TVでスペシャル版でも良かったのかもしれません。
TVだと、海賊船とか爆発がショボくなるのかな〜
…犯人がTV版と同じくわかりやすかった。
それに、いろいろ細かくない。

例えば、そーだな〜…
携帯エアボンベが2つしかないこと、それゆえに、コナンの分がなくて、それに気付いてた蘭がコナンに自分に渡された分を使わせるんだけど…
蘭サン使ってませんけど?
使わなくってもいいくらいの衝撃と海面までの距離だったのなら、それを明確に表現すべきかと。気を失いかけてるコナン視点でわかりにくいし、もっと、自分も助かる、勝算のある賭けをしよーぜ、コナン君。
大体、それを側にいる蘭が助けるなんてのは、わかりすぎるほどわかってたことだし、…それ自体計算ずくで側にいましたか?

あれなら、二番煎じだけど、口移しで人口呼吸のがまだ盛り上がる(苦笑

う〜ん…そろそろ、黒の組織も怪盗キッドも平次も出てこないと、盛り上がりに欠けるかしら?映画の12作目も決定したらしいですし…
それでも、劇場版1作目は丁寧で面白かったですけどね。

ああ、でも、今作も面白かったですよ^^
もっと丁寧に、話のつながりを組み立てて欲しいとは思いますけど。
いいエピソードがいくつもあって、それを詰め込んだとしても、いい話になるとは限りませんから。
ほら、チャーシュー単体、麺単体は美味しくても、ラーメン自体が美味しいとは限らないじゃないですか。

ってえらそうなこと言ってるな〜…^^;


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」 ネタバレ注意! テンションあげまくりたい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる