テンションあげまくりたい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「機動戦士ZガンダムV 星の鼓動は愛」

<<   作成日時 : 2006/03/17 02:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

見てきました!やっと!
ホントは、公開初日に観たかった〜…

以下、感想です。
ネタバレ注意!


まず、率直の印象ですが、面白かったです。
ハマーン役の榊原さん、やっぱりカッコいいですv
セイラさん、井上遥さんの声でビビリましたが、やっぱりこうでなくては。
ライブラリーか〜。
サラの声、変わってました…
なんだそりゃ(苦笑

しかし、終わり方はコレしかなかったのか?とも思いました。
意外と…普通でしたね。
この終わり方ってF91から?
ま、いっか。

カミーユが無事に生きてることを、やたらと強調していた気もしますが、ヘンケン艦長が死ぬところ、結構泣けました。
人の死が切なくて、なんで殺しあってるんだろうって気にさせられます。
なんつーか、カミーユの
「そんなことしちゃいけないんだ。人が人を道具として扱うなんて、一番しちゃいけないことなんだ」っていう言葉に共感するというか…。
…大人なひとに囲まれて、それでも矛盾とか、わかんないことを指摘しようとする姿勢が、かなりの好感度です。
子供、子供って言われてましたけど、カミーユも成長してましたね。
さらに、イイ男の子に成長することを期待します。

でも、シャアって、あれで生きてる方がおかしいでしょ?(笑
…シャアは、ニュータイプじゃないとこが良いんだよね。

この話からみるに、どこで『逆襲のシャア』の、愚民どもに叡智を授けてみろ的なシャアになるのかが、やはり少し疑問でした。
『逆襲のシャア』でシャアがやりたかったことは、自然と人への贖罪。
そして、全ての決着。
アムロが言うところ、「地球に残った連中に嫌気が差した」らしい。
…後戻り出来なかったってのもあるんじゃないかと思います。
生き急ぎすぎなんじゃない…と私が言ってもな。

まぁ、カミーユがカミーユのまま、無事にファの元に戻れて良かったねってことで。
私は、TV版のZもわりと好きです。
映画版と同じくらい。

楽しかったです。
有難うございました。


追記:3月18日
Zの記事を見る為ではないのに、買ってきたアニメージュを食い入るように読んでしまいました…。面白かったのは、「要するにシャアはケーキを食べに来ただけだ。だから、『逆シャア』をやらなきゃいけない。」ってとこです!
少し納得しました(笑
そういう日常的なシーンが、キャラに深みを持たせるのかもなぁとも。
いや、ま、面白かったですし(笑

私は、カミーユを嫌いだったんで、Zを何回も見返すなんてことしてないのですが、少し変わりました。カミーユって、なよなよしてる感じなんだけど、ホントは運動神経良いし、頭も良い。ケンカっぱやいけど。
もう一回、TV版Zを観てみなくてはいけませんね。
ちょっと、つらいけどね…。

そういえば、映画を観た帰り、映画館から出てきた時、ちょうど、トヨタのMR2が目の前を横切ったのですが、一緒にいた友達に、
「あ、あれ、マークUだよね?」
って言っちゃいました…。
一寸、自分が何言ったかわかりませんでした…(老化か

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
拝啓、 最初のガンダムの頃はシャアが好きだったのですが。 近頃、何という言いますか半端者の口先番長に思えて来ました。 ハマーン・カーンがグレたのも無責任なシャアのせいではないでしょうか?(怒) いいとこ取りのええ恰好しいの馬鹿ボンボンだと! 草々
(^-^)風顛老人爺
2006/03/17 03:17
拝啓、シャア批判続き。 銀河英雄伝説のオーベルシュタインと比較して、策士として その才能・覚悟共に数段 格が落ちますわ。 私自身がどうですって? それは最初から問題外ですわ。 まあ、ギター侍みたいなもんですのおうっ。(笑) 草々
(^-^)風顛老人爺
2006/03/17 03:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「機動戦士ZガンダムV 星の鼓動は愛」 テンションあげまくりたい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる