テンションあげまくりたい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ 「蟲師 第7話 雨がくる虹がたつ」

<<   作成日時 : 2005/12/09 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「虹を見るたび、追わずにはいられなかったんだよ…。」

あらすじ。
虹郎は、いつ終わるともしれない旅をしていた。
彼は、あるモノを捕える為に、大きな甕を持つ。
あるモノとは、虹。彼の名前の由来ともいえるもの。彼の父親が恋焦がれ、彼の人生そのものに影響を及ぼしたもの。雨が降るとにわかに別人となり、喜び勇んで外を駆け回る父親は、川にかける橋の大工を生業としていた。その橋の工事一つをとっても、満足な仕事が出来ない虹郎は、もはや父親のそばでしか居場所はなく、逃げ出すように村を出てきたのだが…。

感想。
今までで一番、いや二番目くらいに良かったかな。
ええ話です。
「蟲師」 は、涙の描写がとても良いですね。
親父と虹郎の会話が切ないです。

今回、良かったなぁと思うセリフはいっぱいあるのですが、一ヶ所だけ抜粋。
村の連中を見返したかった虹郎。結局のところ、なぜ虹を探しに出たのか、自分でも思い当たる節があるけれど、明確にはわからない。そんな虹郎とギンコの会話です。

ギンコ 「(略)ただ生きる為に生きてるぶんには、余暇ってもんがないからな」
虹郎  「…けっ。こっちは真剣にやってるってのに、息抜きのつもりか」
ギンコ 「俺だって真剣にはやってるだろう」
虹郎  「心構えの問題だ」
ギンコ 「なんだそりゃ。休むのだって生きる為には切実な問題だ。
     それにな。お前よりはまっとうな動機だと思うがな。
     お前は後ろめたさを紛らわす為に、虹を追うことで自虐をつづけてる
     だけだろう。…不毛だねェ。何処へなりと根を下ろして、過去なんて
     捨てさりゃあ良かったのによォ」

聞く人が聞けば、負け犬の遠吠えにしか聞こえなくもないセリフですけど、私はそうは思わないんです。私が負け犬だからなのか(笑)、どうなのか良くわかりませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レビュー・評価:蟲師/第7話「雨がくる虹が立つ」(あめがくるにじがたつ)
品質評価 29 / 萌え評価 2 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 17 / シリアス評価 5 / お色気評価 8 / 総合評価 11レビュー数 34 件 ...続きを見る
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・...
2007/08/31 20:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ 「蟲師 第7話 雨がくる虹がたつ」  テンションあげまくりたい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる